施設の紹介

みちのく城ヶ沢フードセンター

徹底した衛生管理、品質へのこだわり。かくし味は、安心というおいしさです。
当法人全体で毎日提供する約750食の食事。
安心で美味しさにこだわった食事は、この真空調理工場から各拠点厨房に送られます。管理栄養士がたてた献立をもとに食材を仕入れ、栄養士が検品し安全性を確認します。調理師が腕によりをかけて作った料理を真空パックすることで美味しさを一瞬で閉じ込め、翌日に当法人の各事業所へ配送します。

みちのく城ヶ沢フードセンター 外観

真空調理工場の紹介

品質・安全管理の徹底
衛生面には最も力を入れており、職員は必ずエアシャワーを通って調理室に入室します。食品を配送する前には、金属検出機・X線検出機で異物混入をチェックし、安全性の確認を行っています。異物を持ち込まないよう、異物混入が起きないよう、厳重なチェックを行うことで毎日の食事に「安心・安全」を届けています。
「真空調理品」の各事業所への配送
法人の台所である真空調理工場は、各拠点厨房へ調理済食品・下拵え済み食材・カット野菜等の配送をしています。中でもメインで行っているのが真空調理品の開発です。
真空調理とは、食材と調味液を一緒に真空パックし、低温加熱調理するものです。調味液が食材の中まで均一にしみこむため、素材の風味、旨味、栄養が閉じ込められます。使用する調味液もわずかな量で充分なため、塩分・糖分が少ない「健康食」を提供できます。
配食サービス(むつ市からの委託事業)
お弁当をご自宅までお届けするサービスです。栄養バランスのとれた健康的なお弁当を、みちのく荘の職員が見守りをしながら手渡ししています。利用の対象者は、65歳以上で単身または夫婦世帯の方となります。

配食弁当

真空調理メニューの紹介

豚の角煮
十二時間かけて低温調理を行うため、仕上がりがとても柔らかで、脂肪分も通常の調理方法に比べて大分抑えることができます。

豚の角煮

さんまのトロトロ煮
真空調理によって骨まで軟らかくなり、まるごと食べられるので高齢者に欠かせないカルシウムが豊富です。

さんまのトロトロ煮

長芋の海老あんかけ
主に、地産地消の青森県産の長芋を使用しています。柔らかくても煮崩れすることなく、食感が楽しめる大きさのままお召し上がりいただけます。

長芋そぼろ煮

魚の塩焼き
十二時間かけて真空調理したものをオーブンで加熱後、仕上げにバーナーで炙ります。
小骨が多く食べにくい魚(さんま・いわし・にしん等)も箸で簡単に切ることができ、とても食べやすいです。

イワシの塩焼き

リンゴとキウイのコンポート
リンゴはしゃきしゃきとした状態の物から柔らかいものまで、利用者の状態に合わせて食感を自由に調整して作ることができます。
キウイは、シロップがそのまま浸み込んだ状態で、生と同じ食感のままを楽しむことができます。

リンゴのコンポート

工場の様子

下処理室

下処理室

エアシャワー

エアシャワー

配食弁当用シールパック機

配食弁当用シールパック機

真空包装機

真空包装機

金属検出機、X線異物検出機

金属検出機、X線異物検出機

厨房に11台のビデオカメラを設置

厨房に11台のビデオカメラを設置

施設概要

施設名 みちのく城ヶ沢フードセンター
所在地 035-0095 青森県むつ市城ヶ沢字砂川目3-43
TEL 0175-34-9947
FAX 0175-28-3033
営業時間 月曜~土曜/8:00~17:30
日曜/10:30~14:30
定休日 なし

アクセス

大きな地図で見る

お電話でのお問い合わせ先tel.0175-34-9947 お問い合わせフォームへ